50代からのてにしょくナビ「看護師を辞めたい」なら"生きがい"を探そう > 看護師が仕事を辞める理由を集めました > 疲れたし辛いしとにかく嫌

疲れたし辛いしとにかく嫌

看護師に限らず、誰しも合わない職業というものはあります。資格を取ってやっと就職できたのだからと無理に続ければ、度重なるストレスで体を壊してしまうことも。ここでは、看護師の仕事がとにかく嫌になった!という方たちのケースを見ていきましょう。

看護師辞めたいエピソード「仕事が辛い編」

イライラしながら仕事を続けて体調不良

300床程の病院で病棟勤務している3年目の看護師です。(中略)実際に入職してみると、自分が考えていた環境とは全く違っていました。通常業務に加えてほぼ毎日の残業、たくさんの提出課題、自己学習、日に日に疲労が蓄積していきました。(中略)毎日イライラしながら仕事をし、残業をして帰る。そんな日々が続き、本当に辞めたくなりました。蕁麻疹や偏頭痛、胃炎など、身体の不調が続き、本当に辛い日々でした。

※引用元:看護師辞めたい!転職体験談(http://www.museudecardedeu.org/

精神病院は体力的にも辛いです

精神病院と言っても患者さんの病気の度合いは本当に様々で(中略)急に怒ったり暴れたりするのは日常茶飯事ですし、他の患者さんに危害を加えることも度々あり、大人の男性が暴れだしたら、何人もの人で抑えなければ、その中に男性がいたとしても到底無理です。(中略)安易な気持ちで勤めだしたことを後悔するくらいハードな毎日でしたし、約10年ほど勤務しましたが、生傷が絶えず、重度の腰痛なども患い、それによって精神的にこちらが参ってしまいました。

※引用元:看護師辞めたい!転職体験談(http://www.museudecardedeu.org/

上司の暴言に追い込まれ休職に

最悪な病棟で働いていました。きっかけは新しい師長が赴任したことです。公開叱責、人格否定、低評価の脅し、給料泥棒発言、休日出勤の強要など。退職や転属願を出す看護師が続出。しかも「◯◯さんのこと何か知らない?」と、些細なミスでも密告させようとします。その人が退職しようとしたら、そのミスを表ざたにして「ミスの多い看護師だから退職した」と責任逃れです。2年耐えましたが適応障害となり休職中です。

※引用元:看護師が辞めたい理由ワースト5!リアルな事情と解決法(http://www.nadacnifondkimex.cz/seisinnka.php

看護師になって体調を崩す人は54%

どんな仕事にも耐えなければいけない時はありますが、体を壊してまで続けるような事態は避けるべきですね。看護師の労働実態調査によると、健康の自覚症状について、下記のデータが報告されています。

  1. 全身がだるい54.8%
  2. 腰痛49.7%
  3. イライラする・憂鬱な気分:3.8%

現在、何かしらの体や精神に異常を感じている看護師は、全体の半数以上も。さらに6割の看護師が、鎮痛剤や睡眠薬などの薬を常用していることが分かっています。

第二の人生を楽しむなら新しいことを始めよう

若い頃なら転職もしやすいですが、40、50代ともなるとその足取りは重くなります。ですが、より自分の体を労わらなければいけないのは、年齢を重ねてから。50代でも転職が遅いということはないので、第二の人生を幸せに暮らせる職場を検討してみましょう。

あなたにぴったりな進路を
適職診断テストで探す


   看護師からリンパ療法師への無料体験談