50代からのてにしょくナビ「看護師を辞めたい」なら"生きがい"を探そう > 看護師の資格を活かせるお仕事 > 産業看護師

産業看護師

産業看護師とは、企業看護師ともいい、一般企業で働くナースのことです。企業や保育園の医務室、ナースの知識が必要なコールセンターなど、活躍の場はさまざま。どんな職業なのか、仕事内容や体験談をリサーチしました。

看護師が目指せる産業看護師とは

やりがいのある企業での医務室勤務

産業看護師の代表的な職場が、大手企業や保育園などの医務室。企業の医務室では、社員の健康管理、メンタルヘルスケア、健康診断サポート、体調不良者の処置などを行います。一方、0歳児保育をする保育園では看護師の常勤が定められていて、上記の業務のほか乳幼児の健康管理を行います。

体力的に楽なコールセンター勤務

産業看護師は、保険会社、医療機器メーカー、製薬会社、健康相談センターなどのコールセンターでも働けます。主な業務は、健康相談や応急処置、医薬品などに関する電話の応対。看護の資格を生かしながらも、デスクワーク勤務なので体力的に楽なのが大きなメリットです。

コミュニケーションスキルの高い看護師向き

医務室で勤務をする場合、常に同じ患者たちを見ることになるので、看護が好きな方やコミュニケーション能力に長けている方が向いています。同様にコールセンターで働く場合も、一日中、話しをすることを苦に感じない方が適しています。

看護師から産業看護師になる方法

非公開求人が多く狭き門

産業看護師は、看護師を募集している一般企業や保育園などに就職するのが一般的です。ただし、人気職業なので非公開求人が多いのが特徴。一般の求人情報誌には載っていない情報も多く、看護師専門の転職サイトなどを利用すると良いでしょう。基本的なビジネスマナーがあれば、培った看護のスキルを活かして働くことができます。

看護師から産業看護師になって大変なこと、辛いこと

人を救うという意味では看護師ほどのやりがいを感じられない

重篤な患者をケアするようなケースはほとんどないので、人によっては、病院で働いていた時と比べてやりがいを感じられなかったり、看護技術が落ちる可能性も。求人数が少ないので、就職をすると病院に復帰しづらくなるのもデメリットの一つです。

産業看護師として働いている方の体験談

体力的負担は看護師より軽いです

正直、看護師の立ち仕事はきついと思っていましたが、産業看護師として転職してからは座り仕事が多いので、疲れが溜まりにくいです。そこは嬉しいですね。

「間違ったらどうしよう」という
プレッシャーがありません

何度も看護師をやめたい、自分には向かない、と考えながら仕事をしていました。そんな中で誘ってもらえた、産業看護師の仕事。医療処置というよりは、健康管理の仕事が多く、前の職場で感じていた「間違ったらどうしよう」というプレッシャーを今はほとんど感じません。

看護師時代にはなかった
家賃補助などが受けられる

待遇でいうと病院よりいい印象です。大手企業で、そこの社員さんと同じ水準の福利厚生を受けられるのが嬉しい。給料は若干上がり、それに加えて、家賃補助やレジャーなどの補助もある。生活の質は間違いなく上がりましたね。

※体験談の参照元:Career Theory(http://career-theory.net/nurse-job-change-company-29361)

他にもある!看護師が活躍できる仕事や趣味を探そう

産業看護師は、看護師だからこそ就ける仕事。ただ、医療の世界を飛び出したい、看護師を辞めたいという方には向いてないかもしれません。今の職場が合わないなと感じたら、まずは適職診断を受けてみましょう。

あなたにぴったりな進路を
適職診断テストで探す


   看護師からリンパ療法師への無料体験談