50代からのてにしょくナビ「看護師を辞めたい」なら"生きがい"を探そう > 看護師が転職している他業種 > 飲食

飲食

料理人やホールスタッフなど、飲食に関わる仕事は、種類も数も豊富にあります。お客さまと接する飲食店では、看護師のコミュニケーション力が役立つこともあるようです。飲食関係の仕事に就いてまとめています。

看護師を辞めて飲食店で働く場合の仕事内容

飲食に関わる仕事の種類

飲食に関わる仕事としては、調理師、栄養士、管理栄養士、シェフ、板前、寿司職人、パティシエ、和菓子職人、ソムリエ、バーテンダー、フードコーディネーター、野菜ソムリエなどがあります。これらの有資格者のほか、ホールスタッフ、飲食店店長、飲食店社員など、さまざまな種類の仕事があります。

飲食系の仕事の代表・調理師

調理師は、レストラン、ホテル、料亭などで料理を作ったり、学校の給食や病院の食事などを作ります。飲食店で働く場合に、調理師免許は必ずしも必要ではありませんが、あると就職に有利になる場合が多いようです。調理師は、料理を作るほか、新メニューの考案や材料の仕入れ、衛生面の管理などの仕事を行うこともあります。

種類も数も豊富なホールスタッフ

飲食店には、料理人だけでなく、ホールスタッフも欠かせません。店によってオペレーションが異なりますし、分業になっているところもあります。ホールスタッフになるために、学歴や資格が必要というケースは少ないです。

看護師が飲食業界で働くにあたって大変なこと、辛いこと

立ちっぱなしの仕事は体力的に厳しい

飲食店の仕事は、営業時間が長いので勤務時間も長いです。立ちっぱなしの作業になるので、体力的に厳しいという人も多いようです。せっかくなら、看護師の資格や経験を活かせる仕事を探してみませんか。

あなたにぴったりな進路を
適職診断テストで探す

看護師が飲食業界で働くにあたって取得できる資格は?

2年以上の実務経験で調理師試験を受けられる

飲食系の資格の代表が調理師免許です。調理師免許を取得するには、飲食店などで2年以上実務経験を積んで調理師試験に合格するか、調理師学校に入って1年以上勉強して卒業する方法があります。学費は、1年間で200万円ほど。夜間の学校なら、100~150万円くらいが相場だといわれています。

飲食業界で働いている方の体験談

お客様の喜んでいる顔がやりがい

カウンター越しに目の前で調理できるお店なので、目の前でお客さまが喜んでいる顔が見られますし、「おいしいよ」という言葉を直接もらえることがやりがいです。調理師の知識や技術はもちろんですが、接客も大切です。

※参照元:スタディサプリ進路(https://shingakunet.com/gakko/SC001893/senpaiShigoto/9001322046/)

毎日新しい出会いがあって楽しいです

お客さまが料理を楽しんでいる姿を見たり、「おいしい」と言ってもらえるのがうれしいです。来てくれるお客様は毎日違うし、食べている表情も違うし、毎日新しい出会いがあるので、変化があって楽しいです。

※参照元:スタディサプリ進路(https://shingakunet.com/gakko/SC005545/senpaiShigoto/9001398444/)

自分の想いを形にして表現できる喜び

料理は人を笑顔にしたり幸せにすることができます。「食」は、生きていく上で不可欠なもの。そのようなものに関わりながら、自分の想いを形にして表現できるということに喜びを感じます。お客さまと接して、笑顔が見られるのもうれしいです。

※参照元:スタディサプリ進路https://shingakunet.com/gakko/SC002529/senpaiShigoto/9001320854/

飲食業界で活用できる資格

調理師試験

  • 実技試験:各料理区分共通問題(食品衛生および公衆衛生、食品及び栄養、関係法規、安全衛生)
  • 学科試験:料理区分別専門問題(調理一般、調理法、材料)
  • 受験費用:都道府県によって異なる

   看護師からリンパ療法師への無料体験談