50代からのてにしょくナビ「看護師を辞めたい」なら"生きがい"を探そう > 看護師の資格を活かせるお仕事

看護師の資格を活かせるお仕事

転職をするなら、看護師の資格やスキルを活かせる職場を選びたいもの。ここでは、治験コーディネータをはじめとする看護の資格を活かせる職種・ナースに人気の転職先を厳選しました。各職業の仕事内容、メリット・デメリット、転職方法、口コミなど、詳細は各ページをご覧ください。

臨床実験にて
被験者をサポート

治験
コーディネーター

新薬の臨床実験を行う際に、被験者のケア全般を担当するのが、治験コーディネーターの仕事。転職には、治験業務を支援しているSMO協会に所属するか、勤務先の病院でCRCへの異動を希望するかの2つの方法があります。

臨床実験にて
製薬会社をサポート

臨床開発モニター

治験コーデイネーターが病院や被験者をサポートするのに対して、臨床開発モニターは、製薬会社側から治験をサポートします。治験が予定通り行われているか、モニタリングするのが主な業務。

企業や保育園など
病院以外の場所で活躍

産業看護師

企業や保育園の医務室、看護師の知識が必要なコールセンターなど現場で働く看護師のことを、産業看護師といいます。病院より医療行為は少なくなりますが、体力的に楽な職場を選ぶことが可能。

課外活動で
子ども達の健康を守る

ツアーナース

ツアーナースは、幼稚園~小中学校の課外活動に同行して、主に生徒の健康管理を行います。子ども達と一緒に旅行気分が味わえるものの、責任は重大。派遣ナースとして仕事をこなすか、本業の合間に単発で仕事を行うのが一般的です。

医療業界の
営業として活躍

フィールドナース

産業看護師の一種で、医療機器メーカーに勤めて製品の導入や、営業サポートを行います。看護師資格のほか、マナー、英語力などの高いビジネススキルが必要になることも。

入居者の健康維持に
欠かせない存在

介護看護師

介護老人福祉施設などの介護施設で、入居者の健康管理を行っているのが介護看護師。ハードなイメージがある介護ですが、施設によっては日中勤務のみで働けます。

看護師資格を活かして
新しい命の誕生に携わる

助産師

妊婦健診、出産、産後ケア、育児指導など、出産全般に関わるサポートを行います。就職先は、病院が一般的。看護師資格のほかに助産師国家資格が必要になりますが、受かれば看護師より給料は高くなり、将来的に開業も目指せます。

精神疾患のケアを行う
スペシャリスト

精神保健福祉士

医療施設で、総合失調症、認知症、アスペルガー症候群などの精神疾患をもつ方のケアを専門的に行う職業。就職先は、病院、福祉センター、精神障害施設の3種類。精神保健福祉士になるには国家資格が必要です。


   看護師からリンパ療法師への無料体験談