50代からのてにしょくナビ「看護師を辞めたい」なら"生きがい"を探そう > 看護師の経験を活かせるお仕事 > 医療事務

医療事務

医療について専門的な知識が求められる医療事務の仕事。看護師から医療事務を目指す場合、医療の知識だけでなく業務に対する理解が周りのスタッフよりも優位なはず。看護師の経験をしっかり業務に活かしたいという方には、おすすめな資格です。(※医療事務は無資格であっても就職が可能です。)

看護師から医療事務になるために知っておきたいこと

病院の事務全般を請け負う

病院やクリニックにおける事務全般を担う医療事務。医療事務は、窓口で診察券を確認したり、診察料を受け取ったりする業務のほか、診療報酬明細書(レセプト)を作成します。入院施設がある病院の場合は、入院する患者と医師、看護師をつなぐ「病棟クラーク業務」という仕事もあります。

ブランクがあっても復帰しやすい

医療費の計算は、厚生労働省が定めた点数によって計算するため、医療についての専門的な知識が求められます。そのため、一般事務とは別に医療事務という名称がつけられているのです。また、一度、医療事務の仕事を覚えると、結婚、出産、育児などのブランクがあっても復帰しやすいということもあり、女性に人気の仕事です。

コミュニケーション力も必要

「事務」という名称がついていますが、医療事務はデスクワークだけではありません。病院の窓口として患者さんと接することの多い仕事なので、病気やケガで辛い思いをしている患者さんへの思いやりや気遣いも求められます。また、患者さんだけでなく、看護師や医師とのコミュニケーション力も必要

あなたにぴったりな進路を
適職診断テストで探す

看護師から医療事務になった場合の進路

年齢や経験は関係なし、いくつになっても目指せる資格

医療事務は、病院やクリニックはもちろん、調剤薬局や医療事務の会計ソフトを制作するような会社でも活躍することができます。看護師としての経験があった方が有利ですが、基本的には学歴・経験を問いません。いくつになっても資格を目指せるため、40代・50代の方が受講するケースも珍しくない※ようです。

※参照元:日本医療事務協会(https://www.ijinet.com/about/iryojimu.html#p4

看護師から医療事務になって大変なこと、辛いこと

細かいところまで手を抜かない几帳面さが大切

受付業務のほか、診療費の計算やカルテの管理など業務の内容が広く、覚えることがたくさんあります。また、病気やケガによってナーバスになっている患者さんも多く、対応には細心の注意が必要です。

看護師から医療事務なるために必要な期間とお金

資格はなくても就職は可能だが持っていると即戦力に

基本的に、医療事務は資格がなくても就職が可能な仕事。しかし、資格を持っていることで即戦力として働くことができます

医療事務を通信講座で学ぶ場合、1~6カ月ほどの受講期間と数万~数十万円が必要。総合的な専門学校で学ぶのであれば、年間100万円の費用と半年~2年の期間を要し、民間の専門学校の場合は数十万円程度の費用がかかります。

医療事務の資格を取得した方の体験談

身に着けた知識が仕事で大活躍

外来の受付業務を受け持っていますが、身につけた知識が仕事で役立っているので、自信を持って仕事をすることができます。元気になった患者さんに「ありがとう」と言ってもらえるとこの仕事に就いてよかったと実感します。

※参照元:技能認定振興協会(https://www.ginou.co.jp/voices/kimura-atumi.html)

基本的な知識を持っていると
自信をもって取り組める

ずっと続けられる仕事をしたいと思い、医療事務の仕事を目指しました。実際、仕事に就いてみると、覚えることや調べることが多く驚きましたが、基本を身に着けていたので、実践的な知識も吸収しやすく、自信を持って取り組めています。

※参照元:技能認定振興協会(https://www.ginou.co.jp/voices/tamura-tomoko.html)

先輩やドクターに質問しながら
成長できています

病院の勤務経験はありませんでしたが、資格を取り、総合病院に就職することができました。患者さんからいろいろ質問されますが、先輩やドクターに確認しながら対応していくうちに、自分の知識も広がり、患者さんの役に立つアドバイスもできるようになりました。

※参照元:技能認定振興協会(https://www.ginou.co.jp/voices/kamiji-mio.html)

医療事務の試験情報

診療報酬請求事務能力認定試験

  • 受験資格:不問
  • 受験科目:医科、歯科のいずれかを選択
  • 出題範囲:(1)学科:医療保険制度等・公費負担医療制度の概要、保険医療機関等・療養担当規則等の基礎知識、診療報酬等・薬価基準・材料価格基準の基礎知識、医療用語及び医学・薬学の基礎知識、医療関係法規の基礎知識、介護保険制度の概要 (2)実技試験
  • 受験手数料:9,000円

代表的な協会の基本情報

日本医療保険事務協会では、診療報酬請求事務能力認定試験を行っています。

  • 協会名:公益財団法人日本医療保険事務協会
  • 住所:東京都千代田区内神田2-5-3 児谷ビル
  • 電話番号:03-3252-3811

   看護師からリンパ療法師への無料体験談