50代からのてにしょくナビ「看護師を辞めたい」なら"生きがい"を探そう > 看護師の経験を活かせるお仕事 > リンパ療法師

リンパ療法師

リンパ療法師は、単にリンパマッサージ(リンパドレナージュ)を行うだけではなく、第二の循環器系として機能する「リンパ」へ新リンパ療法でアプローチすることにより、免疫力を高め、病気やケガに強い体を目指すお仕事。自分の手で患者の健康を支えたいと考える看護師が、リンパ療法師を目指すケースが多いようです。リンパ療法師の仕事内容や将来性、技術を学ぶことができるリンパ療法学院について調べました。また、看護師としての経験を持ちながら、リンパ療法師としても活躍する方にお話を伺っています。

リンパ療法師を学ぶ看護師さんに
お話を伺いました

看護師が目指せるリンパ療法師とは

新リンパ療法はリンパ療法師のみに許された技術

新リンパ療法とは、リンパの流れにアプローチする「リンパデトックス」に「骨盤矯正」を組み合わせた施術。背骨や骨盤の歪みは、リンパの働きを司っている自律神経の働きを妨げ、リンパ液を全身に送る筋力を衰えさせてしまいます。そのため、リンパにおいて骨盤のゆがみを正すことはとても重要。新リンパ療法は、リンパ療法師を目指せるリンパ療法学院で学ぶことができます

自分の手で相手を健康に導けるやりがいは看護師以上

肌にオイルを塗ってマッサージを行うリンパマッサージ(リンパドレナージュ)とは違い、リンパ療法師が行う新リンパ療法は服を着たままでも施術が可能。リラクゼーションのように癒し目的ではなく、骨格のゆがみを整えて病気になりにくい体づくりを目指します。人の健康に携わりたい、薬の投与や手術の前に自分の手でできることを身に着けたい、と考える看護師にはおすすめ。

体力的負担が少ないので女性&高齢者でも一生稼げる

リンパ療法師は、強い力を必要としないため、女性や高齢者の方でも技術を身に着けることができます。リンパ療法学院のスクール生には、70歳を超える方もいるのだとか。覚えたら一生使える技術であり、努力次第で高収入が期待できるので、老後の備えとして手に職をつけておいて損はありません。超高齢化社会といわれる今、50代、60代からの自立を目指せる点は魅力的です。

看護師からリンパ療法師になるなら「リンパ療法学院」がおすすめ

リンパ療法師としての技術を学ぶことができるリンパ療法学院は、整体の認知向上を図るために活動している日本自然医療協議会の認定校。一定レベルの技術を持っている整体院として評価を受けています。

リンパ療法学院では、在校生や卒業生に向けて様々なフォロー体制を用意。例えば、しっかりと技術を身につけたいという要望に応え、通常の授業以外に何度でも自習ができる鍛錬会を設けています。

また、リンパ療法師として独立開業を目指す方のために、店舗を運営する上で必要なアイテムやノウハウを提供するトータルプランニングを実施。初心者でも取り組みやすい体制が整っています。

リンパ療法師の
収入や将来性について確認

看護師からリンパ療法師になった場合の卒業後の進路

直営サロンで経験を積むことも、本格的な開業を目指すことも可能

ベッドがあればどこでも施術ができる開業のしやすさが、リンパ療法師のメリットの一つ。本格的な開業を目指すのはもちろん、自宅の一室でプチ開業し、自分のペースで施術を行うこともできます。

集客が大変なのでは?と不安に思う方もいることでしょう。実際に、リンパ療法学院で技術を学んだの方の体験談によると、施術を受けた方の口コミによって集客に繋がるケースが多く、困ることはないとのことでした。(※あくまで個人の意見です)

それでも、卒業後いきなり開業するのは少し不安ですよね。リンパ療法学院では直営サロンを展開しているので、経験を積むためにサロンで働いてから開業することが可能。開業についての相談も受け付けているので、心強いのではないでしょうか。

看護師からリンパ療法師になって大変なこと、辛いこと

常に学びを深める意識が繁盛店へのカギ

卒業後に開業を目指すのであれば、人脈がないと集客に苦労します。ただ、相手に声をかけるなど一歩踏み出す勇気さえあれば、集客はカバーできるはず。

また、自分自身が施術者でありながら経営者にもなるため、リンパ療法師としての技術はもちろん、開業の知識を学ぶ必要があります。常に学びを深める意識が、店舗の運営を安定させるために重要であると言えるでしょう。

看護師からリンパ療法師になるために必要な期間とお金

最短1ヵ月・15万円で技術取得可能&リピート制度でコスパ良し

家族や知り合いに施術を行うなど、自分の趣味の範囲で技術を修得できる「初級科」は最短1カ月で修了することができます。「師範科」は、独立開業に必要な知識や技術を身につけるコースとなっており、基本的に9カ月で卒業を目指すことが可能

新リンパ療法を学ぶための費用は、「初級科コース」15万円、「専科コース」45万円、「師範科コース」74万円となっています。卒業した後でも各種セミナーを受けることができますし、「リピート制度」によって勉強を続けられることを考えると、コストパフォーマンスが高いといえるのではないでしょうか。

リンパ療法学院を卒業した方の体験談

看護師を辞めて辿り着いた
リンパ療法師が私の天職

私は長年、看護師として仕事をしてきました。整形外科での勤めが長かったからか、「リンパ」という言葉が気になったのでしょうね。リンパ療法学院の広告が目に留まり、軽い気持ちで講義を受講してみたのですが「私に合っている」と直感しました。学院に通い始めてから3年目、還暦を迎えるタイミングでついにサロンを開業。今ではこれが天職だと思っています。

人工透析を受けながら開業、
今では繁盛店に

腎不全になり、人工透析を受けながらリンパ療法学院で講座を受けていました。いろんな方の身体を楽にしてあげたいと思うようになり、自宅の一室を改装して開業。最初は人工透析をしながら運営していけるのか、お客様がきてくれるのか、本当に不安でしたよ。でも、最初に来てくれたお客様の口コミのおかげで、開業1年ほどでお客様が途絶えないまでになりました。

50歳からでも
チャレンジすれば夢は叶えられる

50歳になった頃だったでしょうか。子ども達の成人を機に、昔から描いていた自分の力で生きていきたいという想いがよみがえってきたのです。せっかくやるのであれば人が喜ぶこと、自宅でできることをやろうと考えたことが、リンパ療法師との出会いのきっかけでした。娘から、「お母さんの年齢でそんなにワクワクしている人はいないよ、すごいよ」と言われ、認められた気がして嬉しかったです。「死ぬまで現役」それが私の夢ですね。

※リンパ療法学院の体験談は、「新たな人生をひらく/リンパ療法師11人のチャレンジストーリー」書籍より抜粋しています。

リンパ療法学院の基本情報

  • 学院名:リンパ療法学院
  • 住所:東京都中央区銀座8-8-8 GINZAスリーエイトビル11F
  • 電話番号:0120-787-666

   看護師からリンパ療法師への無料体験談