50代からのてにしょくナビ「看護師を辞めたい」なら"生きがい"を探そう > 看護師が仕事を辞める理由を集めました > ストレスを感じる

ストレスを感じる

夜勤に残業、ハードな勤務環境の中での責任感重大な業務。看護師の仕事にストレスは尽きものです。ストレスが蓄積すれば、体調を崩してしまうケースも。ここでは、ストレスに悩む看護師たちの現状をリサーチしました。

看護師辞めたいエピソード「ストレス編」

不眠が続き、精神的にも追い詰められた

体調が悪くなり、辞めたいと申し出ました。 しかし、人の補充をしてからと言われてしまい、なかなか補充がなく辞めることができませんでした。 どんどん体調は悪くなるばかりで夜眠ることもできなくなり、精神的にも追いつめられる感じがしました。

常に気を使いながら仕事をすることへのストレス

一緒に働くスタッフや患者さん、家族など常に気を使いながら仕事をすることへのストレスから

師長との意見の違い

直属の上司である師長との意見の違い。師長の考え方に賛同できなかった

看護師がストレスを感じる原因

看護師の労働実態調査によると、仕事をやめたい理由には次のような声が挙がっています。

  1. 人手不足で仕事がきつい:44.2%
  2. 休暇が取れない・夜勤がつらい:33.1%
  3. 思うような看護ができず達成感がない:27.8%
  4. 職場の人間関係:12.2%

これらの理由は、全てストレスの直接的な要因ともいえますね。また、同日本医療労働組合連合法による調べでは、看護師の約6割が、睡眠薬などの薬を常用していることも報告されています。

第二の人生を楽しむなら新しいことを始めよう

健康を害してしまうほどのストレスを感じる場合は、転職を検討することも必要です。無理のないシフトで働きながら、よりいっそう仕事に情熱を捧げる職場があるはず。自分に合った職場を探してみましょう。

あなたにぴったりな進路を
適職診断テストで探す


   看護師からリンパ療法師への無料体験談